ワーホリ来たけど「日本語環境にいてモヤモヤする」あなたに活を入れてやんよ

スポンサーリンク



「せっかくワーホリに来たのに日本人の環境から抜けられない」
「せっかくワーホリに来たのに日本語しか話してない」
「せっかくワーホリに来たのに英語力が伸びている気がしない」

そんな風にお悩みの人に私から愛の活をお入れします。

カーーーーーーッ!!!(# ゚Д゚)

日本人環境にいる自分を攻めないで

ワーホリで、日本各地から来ている日本人との出会いは貴重!

こんにちは、ワーホリ2年経験済みのAyaka(@ayaka_minty)です。

「せっかくワーホリに来たのに、日本語環境で日本人とばっかりつるんでる。英語も伸びないし、私何しに来たんだろう…」

わかりますよ。みんな、そう思うのさ。私もそうでした。

あれ、私オーストラリアに来てるのに
英語を勉強しに来たはずなのに
外人と友達になりに来たはずなのに

まわりは日本人だらけっ(# ゚Д゚)

結局ジャパレスでしかバイトせずに気付いたら帰国…

日本に帰って友達に「英語ぺらぺらになった?」と聞かれ

「全然だよ…(チーン)」となるという破滅。

ぐはぁっ。現実がつらいいぃぃぃ。

というわけで、皆さま目を覚ましてください。

日本人とつるむのは決して悪いことじゃないありません。
だって日本全国からいろんな人生を背負ってワーホリに来て。
そんないろーーーんな背景がある日本人との出会い、めちゃくちゃ貴重じゃない❓

それなのに「日本人とばっかり」って、そんなに日本人否定しないでよ!

うぃーあージャパニーズ!
うぃーらぶジャパン!you know?

というわけで、日本人環境にいる自分をどうか攻めないでください。

私たち日本人だから、
日本語で本音を言える空間って大事です。

でもね!!やっぱり!!

日本に帰る前に英語環境にも一度は身を置いてみましょう。

現状に言い訳してたら何も変わらないし、何も成長しない

トライしなければ、エラーだって起こらない

まずはチャレンジすることが大事。

「でも、働いてるところがジャパレスだから…」
「でも、一緒に住んでるのが日本人だから…」
「でも、英語に自信がないから…」

って、

カーーーーーーッ!!!(# ゚Д゚)

現状に言い訳してたら何も変えられない。
変えられるのは自分。自分を変えられるのは自分だけです。

留学やワーホリって、常にトライ&エラーなんです。

トライしなきゃエラーも起こらないですよ。

そうだから、チャレンジするのだ。

ジャパレスで働いてたって、英語は伸ばせる。英語環境は自分から作る。

別にジャパレスで働いてたっていいんです。

「もっとお客さんに日本食の美味しさを英語で伝えてみよう!」
とか
「常連さんにこないだも来てくれてたよね?って話しかけてみよう!」
とか
「怖いけど電話応対も挑戦してみよう!電話応対の英語表現をノートにまとめよう!」
とか。

ジャパレスで働いてたって英語を伸ばすチャンスはいくらでもありますよ❓

接客で言えなかった、伝えられなかったことを帰ってから調べる
次からはきちんと言えるようにしてみる

とか。

【関連記事】留学・ワーホリ中に使える!レストランやカフェで使える基本の接客英語30選

仕事を変える・ファームに行く等、環境を変える勇気も大切!

日本人しかいないキッチンで働いてて、
本当に日本語しか使わない環境にいるって思うなら
英語が使えるホールにポジションを変えてもらうとか。

それが無理なら仕事をまずは変えること!!

ローカルで働きたいなら
まずはレジュメを配りまくるべし。

私がローカルのホテルの仕事をゲットしたように、人材派遣会社に登録するのも全然あり!!

【関連記事】ワーホリ中シドニー5つ星ホテルのローカルジョブをゲットした方法!

【関連記事】ブリスベンでレジュメを150枚配ってローカルジョブを探した結果…

シドニーや大都会で日本人環境に埋れてる場合は思い切ってファームに行くのもおすすめです。

ファームはピンキリだけど、
私にとっては英語漬けの素晴らしい環境だった!

【関連記事】ワーホリでバナナファームに行きたい人が読むべきブログ6つ【バナナ総まとめ】

たった1年のワーホリ。

トライしなかったら、
あーっという間に帰国日です。

エラーをたくさん経験して
その経験が成長に繋がると思うのです。

いいじゃん、英語間違ったって、笑われたって

私たち日本人だもん!!!!!!

私もワーホリ中、たくさん失敗しました

私なんて最初オーストラリアに来たばかりの頃
ウエイトレスをしたときに

「Can I get the bill?(お会計ください)」と言われて
生ビールを持っていったらオージーにすごいビックリされたことがありますよ。笑

でも「Beerじゃなくて、Billよ、私たちお会計を払いたいの」と優しく教えてもらいました。

ビル(お会計)を、当時の私はビールだと思ったのね。笑

普通に考えて発音全然違うのに、
来た当初はBeer = ビール だとおもったから生ビール

今思えば笑えるエピソードですが、
こんな失敗もウエイトレスに挑戦してなかったら経験できなかったわけです。

takeawayの電話注文、なんて言ってるか聞き取れなくて
お客さんが怒ってぶつ切りされちゃったこともあります。
そのあともちろん店長にも怒られ、めちゃくちゃ落ち込みました。

でも、それでもめげずにトライしつづけたので
今は電話注文も全然怖くなくなりました!

失敗経験は全部いい思い出です(*´ω`*)

せっかくのワーホリ生活、自分の手で成功させよう♪

「せっかくワーホリに来たのに」

とモヤモヤして残念がるくらいなら

勇気を出して一歩前に進見ましょう!

一度もチャレンジしなかった一年と
チャレンジしたけどダメだった一年

人生における意味合いが、全然違うと、私は思うのですよ。

レッツ トライ&エラー♡

モヤモヤな日々が
ワクワクに変わりすように。

応援しています。

 

インスタグラムでも毎日シドニーでの生活についてシェアしています。
お気軽にフォローしてください♪
→Ayakaインスタグラム(@ayaka_minty

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください