私がパニック障害を「自力で克服」するためにやった7つのこと

LIFESTYLE

パニック障害は必ず克服できます。完全克服した私が言うんだから間違いありません!でもそんな私も、「どうにか自力で克服したい」「薬には頼らないでよくなりたい」という思いが強く、ヨガ・アロマ・リズム運動などなど…闘病当時できることはなんでもやりました。今回は、私がパニック障害を克服するためにやったことを全部紹介します!

Ayaka
黙っててもパニック障害は治らないです!できることは片っ端からやってみましょう!


私がパニック障害を克服するために試したこと

取り急ぎ、試したことはこんな感じ。

・まずはとにかく休む(徹底的に引きこもる)
・パニック障害関連の本を読み漁り病気に対する知識を深める
・早朝の散歩で太陽を目一杯浴びる(朝ごはんの前)
・ヨガ、瞑想
・早寝早起き、3食きちんと食べる
・ちゃんと眠るために18時以降一切スマホやPCを見ない
・アロマテラピーを勉強し、アロマを日常に取り入れる

Ayaka
というわけで、ひとつひとつ解説していきますね!メモの準備はOKですかー?(笑)

まずはとにかく休む(徹底的に引きこもる)

パニック障害と言われたら、とにかくまずは徹底的に休みましょう。みんなこれができないからパニック障害がこじれる!!
パニック発作が起こっているのにもかかわらず無理して仕事したり、過呼吸になりながらも会社に行ったり。
休職しているのにもかかわらず無理に家事をしようとしたり。

…全部しなくていいです。まずはそれ以外の克服法を試すための体力を取り戻しましょう。

パニック障害関連の本を読み漁り病気に対する知識を深める

・パニック障害とはどんな病気なのか
・パニック障害を克服するにはどうしたらよいのか

まず、↑これを知りましょう。パニック障害になりたての頃って誰も病気についての知識がないものです。私自身も何がなんだかわからなかったです。なので私は、パニック障害と診断された後まずは病気のことを知るために関連書籍を読み漁りました。図書館に行って借りたり、Amazonで購入したり…パニック障害のみならずうつ病・自律神経失調症・認知行動療法・セロトニン関連などなど合わせたら20冊くらいは読んだんじゃないかな?と思います。

「ああ、だから私はこうなんだ」と自分の症状に納得のいく情報を得ることが出来たので、純粋に興味深かったっていうのもありました(笑)

書籍には、治していくためにどうしていったらいいのかも丁寧に書いてあります。個人の体験ブログなども参考になるとは思いますが、専門家が書いている書籍のほうが正確な情報だと思います。(こうして私もブログ書いているくせに…って感じなんですがw)
私もまず関連書籍をたくさん読み、克服の仕方や断薬への道のりなどを理解しながら病気と向き合いました。だからこそ2年で克服することができたんだと思います。

まずはパニック障害について知るところから、はじめてみてほしいです。

早朝の散歩で太陽を目一杯浴びる(朝ごはんの前)

パニック障害克服には、太陽を浴びながらリズム運動をしてセロトニンを増やすのがいいらしい!

これについても私は、上記の通り本を読みまくって知りました。セロトニンは「幸せホルモン」と呼ばれていて有名ですよね!うつ病は、このセロトニンが脳内で少なくなるとなりやすいと言われています。

抗うつ剤SSRIの正式名称は「Selective Serotonin Reuptake Inhibitor(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)」。つまりうつになって減ってしまった脳内のセロトニンを、神経のつなぎ目で受容体から再び取り入れられるのを邪魔する薬で、結果的に脳内にセロトニンの量が増えるいうこと。セロトニンはパニック障害の原因でもある神経伝達物質ノルアドレナリンの作用を抑える働きがあるので、パニック障害にも効果が確認されているそうです。

…とまあ私が持っている精一杯の知識を書いてみましたが(;´Д`)
神経伝達物質とか脳内のどーちゃらこーちゃらとか…とっても難しくて私の説明可能範囲を越えているので、これらもぜひ関連書籍で読んでご自身で納得してみてください!!(;´Д`)

というわけで薬には頼らずセロトニン増やそうじゃないか!と思って私が取り入れたのが早朝のお散歩でした。

引きこもりながらも、朝ごはんの前の数十分外に出て散歩することならできますよね。
実際うつになってみてよく分かりましたが、人間って太陽を浴びると本当に元気になります!!

セロトニンと太陽の関係はこんな風に言われています↓

セロトニンが活発に作り出されるためには条件がいくつかあり、そのひとつが「太陽の光を浴びること」です。太陽の光を浴びると、目から脳に信号が出され、脳内でのセロトニン合成が活発になります。冬は日照時間が短いため、太陽の光を十分に浴びることができず、セロトニンが不足しやすくなるのです。

出展:日本クリニック株式会社

なるほど〜!って思いますよね。パニック障害を発症して体力が少ないときでも、「朝10分の散歩」からなら気軽に取り入れられると思います。私も発症後普通に元気に出かけられるようになるまで、毎日朝散歩しました。

朝の散歩をしようと思ったきっかけは、セロトニンにまつわる有田秀穂さんの本です。

この有田秀穂さんという方、セロトニンにまつわる健康法や食事法などで一番有名な方で、セロトニンにまつわる本をたくさん出しています。読んでいてすごい面白かったしためになったので、有田さんの本だけで3〜4冊読みました。おすすめです!!

ヨガ・瞑想

ヨガと瞑想も、心を落ち着けるために取り入れました。というのももともとヨガは趣味だったし、呼吸を大事に行うものなのでこれも立派なセロトニン活性運動になると思ったのです(笑)
ヨガ用の音楽を聞くと不思議なくらい心も落ち着いたので、ヒーリングミュージックをかけながらヨガや瞑想をやっていました。

パニック障害で休職しているときはスタジオのレッスンなどにはもちろん行けなかったので、Youtubeなどでヨガの動画を見ながらやっていました。瞑想も簡単で、自分が落ち着く音楽を聞いて好きな香りを部屋に焚きながら、目を閉じて呼吸に意識しながらやっていました。

瞑想が良さそう!と思ったきっかけは、その時見てすごい影響を受けた大好きな映画「食べて祈って恋をして」で人生ボロボロになったジュリア・ロバーツ演じる主人公リズが1年をかけて世界を旅して、その中のインドでヨガのアシュラムに入って瞑想を練習するシーンがあるんです(笑)本当に全部失った私はこの主人公に共感せずにはいられなくて、「よっしゃ私も瞑想してみよ!」って思ったんですよねー(単純)

この映画、パニック障害闘病しているときに見て「私もいつか世界に飛び出したい」っていう夢と希望をものすごく後押ししてくれるお話でした。今でも本当に大好きだし、何回でも見たい映画。特に女性はすごく共感するし楽しいと思います!

ちなみに好きすぎて、DVDも買ったし、原作も購入して読みました。映画もこれ実は、作者エリザベス・ギルバートの実話なんですよ!
本の中には著者がうつ病で苦しんだエピソードなんかもあるので、闘病中に読むと勇気をもらえるしおすすめです。
ちなみに英語の方の原作本「Eat, Pray, Love」も買いました。どんだけ好きやねーんww

早寝早起き、3食きちんと食べる

もうこれは、基本中の基本かもしれないんですが。
闘病中は、とにかく規則正しい生活をするように心がけました。

朝散歩して太陽を浴びて、朝食・昼食・夕食を毎日同じ時間に食べて、早く寝る。

寝るのも最初はもちろん睡眠導入剤なしでは寝られませんでしたが、それでもいいんです。
まずはお薬に頼ってもいいから早く寝て生活リズムを整えること。これが大事みたいです!

ちゃんと眠るために18時以降一切スマホやPCを見ない

これもかなり徹底してやりました。睡眠導入剤なしでは眠れないことがすごい嫌で、自然に眠ることができるように寝る前にスマホを見るのを一切やめてました。パニック障害発症から半年以上は、寝る前にスマホは見てなかったと思います。
というか、かなり重いうつ状態だったので、スマホでのSNSや友人からの連絡を見るのも億劫だったんですよね。
だから尚更、スマホ離れのいいタイミングだったのかな?なんて思います。

元気になって今は結局寝る前にスマホ見ても全然眠れるので(笑)

まずは寝る前にスマホ見ないようにすると、副交感神経が優位になって眠りにつきやすくなると思いますよ〜!

アロマテラピーを勉強し、アロマを日常に取り入れる

これですね!私がパニック障害をきっかけに学んだ、一番力となったもの。

闘病当時「薬に頼りたくない」という思いが本当に強かったので、クリニックの先生に「アロマなんかはどう?ラベンダーの香りとかを部屋に焚くと、すごくリラックスできるのよ」と教えてもらったんです。

教えてもらったらすぐ試す!のが私の性格なので、すぐに試しました。

まずは薬に頼らず眠りたい…という目標があったので、アロマショップのスタッフさんがラベンダーとマンダリンの精油を勧めてくれ、その日の夜はじめて枕元にティッシュを置き、その2つのアロマを垂らし眠ってみました。

本当に心地よく眠りにつけたので、感動しました。いい香りを嗅ぐだけで、なんでこんなにも気持ちいいんだろう?と思いました。

それがきっかけで私はなんとアロマの資格を取るまでに至りました(笑)このへんは、また後日詳しく書きますね!

 

おわりに

私が、「自力でパニック障害を治すために試したこと」を全部紹介してみました!

いや〜…こうして振り返ると、色々やりましたね(笑)

書きながら、当時は病気と向き合うために必死に頑張っていたなあ…と思い出して懐かしい気持ちでいっぱいです(*´∀`*)

読んだ本や映画なども紹介しましたが、本当にそのとき見た本や映画も全部心の中にいい思い出として残っているので、
たくさんの物に触れるのがおすすめです。

だって…休職中って時間だけはめちゃくちゃあるじゃないですか?(笑)

この時間は神様がくれた休息だと思って、自分が自分の体にとっていい!と思うことを全部試してみるいい機会だと思うんです。

少しでも参考になれば幸いです。ではまた次回のブログで会いましょう!あでぃお〜す(・∀・)

(Visited 75 times, 1 visits today)

Ayaka

11,383 views

2017年3月にバイロンベイへワーキングホリデーで来豪。ケアンズ近くのバナナの街でバナナファームを経験。現在はセカンドワーキングホリデーでシドニーに滞在中。...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。