イランイランの効果効能・おすすめ使用法|アロマテラピー検定対策

スポンサーリンク



インドネシアでは新婚カップルのベッドに花びらを撒き散らす習慣があるほど、セクシャルなラブアロマ♡
エキゾチックでフローラル、強烈に重く甘い香り。リラックスをもたらし精神安定に良い精油。

Ayaka
うっとりしたいときにぴったりのイランイラン。ベッドルームに相性の良い香りで、寝る前にディフューザーで香らせるのがおすすめです。

植物データ

原料植物名 イランイラン Ylang Ylang

科名 バンレイシ科

学名 Cananga odorata

主な産地 コモロ、マダガスカル、レユニオン島(フランス領)

精油データ

抽出部位 花

精油製造法 水蒸気蒸留法

主な成分 安息香酸メチル、ゲラニオール、酢酸ベンジル、リナロール

イランイラン精油のプロフィール

エキゾチックで甘いフローラルな香りを持つ精油です。男性にも人気が高いです。イランイランという名前は、「花の中の花」を意味するマレー語の「アランイラン」に由来しています。甘く濃厚なイランイランの香りには古くから催淫効果があるといわれています。常緑の香木で、通常6=10m、大きいものでは15〜20mにもなります。畑で精油採取用に栽培するときは、花の収穫をしやすくするため、適芯や枝を下方に曲げるなどして2〜3mの高さにされます。インドネシアのマルク諸島(モルッカ諸島)からフィリピンに伝えられ、栽培されていました。

インドネシアでは、新婚のカップルが夜を過ごすベッドにイランイランの花びらを敷き詰める風習があるそうです。そのエキゾチックな香りは、人によって好き嫌いが大きく分かれますが、高級フレグランスの原料としても広く使われ、身近な香りの一つです。イランイラン精油にはジャスミンと共通する成分が含まれ、強い香気をもちます。使用量には、注意が必要です。

精油の作用

鎮静、抗うつ、高揚、催淫、強壮(精神・神経系・生殖器系)、消毒、血圧降下、通経、皮脂バランス調節

有効な心の症状

抑うつ、心配性、悲しみ、ストレス、緊張、パニック、自己の否定、PMS

有効な体の症状

不眠、高血圧、動悸、頻脈、過呼吸、不感症、インポテンツ、更年期障害

有効なお肌の症状

乾燥肌、脂性肌、にきび、トラブル肌、脱毛症

注意事項

  • 高濃度で使用すると頭痛などを引き起こす可能性があるので、低濃度(1%以下)で使用すること。
  • 妊娠初期は使用しないこと。
  • 低血圧の人は使用しないこと。
  • まれに肌刺激がある。

イランイランのおすすめ香りブレンド

イランイランは単体でもとても強い香りが特徴の精油です。他の精油とブレンドするときは、合わせたときに香り同士が喧嘩にならない柑橘系のレモン・オレンジ・マンダリンなどがおすすめ。

AYAKA
私はイランイラン独自の香りが大好きなので、あえて他の精油をブレンドせずに寝室ではイランイラン精油単体で香りを焚いて楽しんでいます。

Ayakaのおすすめイランイラン精油

私がいつも愛用しているのはニールズヤードの精油とフロリハナの精油です。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください