これさえ言えれば英語は伸びる「なんて言った?」と聞き返す便利フレーズ

ENGLISH

オンライン英会話をやっても、先生がなんて言っているかわからない!そんなとき、分かったふりをするのが実は一番上達を妨げる原因に。今回は、英語の勉強中やオンライン英会話に奮闘しているとき、「なんて言ったの!?」とわからなくて聞き返したいときに使えるフレーズをまとめてみました♪ 留学前やワーホリ前で英語勉強に奮闘している方に参考になれば幸いです。

英語学習で最も大切な事は「わからない」と言えること

こんにちは、オーストラリアのワーホリも終盤を迎えているAyakaです!
私はワーホリ出発前に半年間オンライン英会話(DMM英会話)を駆使して、ゼロだった英語力を伸ばしワーホリ到着時には中級の英語力を得ることができました。

留学やワーホリで成功するためには、出発前の英語勉強がとっても大切です!とくにおすすめなのは、オンライン英会話です。

英語は、とにかく聞いて使って聞いて使って耳を慣れさせることが大事。日本にいても実際にネイティブと会話ができるオンライン英会話はそれの練習の場にもってこい。

しかし私がワーホリ出発前オンライン英会話を受けていて思ったのは、初心者でも容赦なくオンリー英語で進んでいくということ。わからないままにしておくと、ズンズン進みます。私も最初受けたとき、テンパったまま冷や汗をかいて25分が終わってしまいました。

そこでまずは「今何といったかわからなかった」と先生に聞き返せるフレーズをマスターすること。

これは実際に留学後の現地でもそうなのですが、「わかりません」と言えるようになるだけで英語力が一気に充実します。
ネイティブの人も、「なんて言ったの?」と聞かれたらもう一度今度はゆっくり話してくれます。そして、どんどんわからないことが減っていきます。

そして私はいまシドニーのオフィスで働いていますが、電話が遠くて相手が何を言っているかわからないときも
これと同じフレーズを使うことができるんです。
つまり、「今なんて言ったの?」フレーズは英会話をする上でずーっと必要な言い回しなんですね!

そこで今回は、私が実際英語を勉強する上でまず一番最初に覚えた
「わからない」「なんて言ったの!?」とテンパった瞬間に使えるフレーズをまとめてみました♪

1・相手がなんと言ったか分からなかったとき

I’m sorry… すいませんが、
I didn’t hear you.  あなたの声が聞こえませんでした。
I didn’t catch what you said. なんと言ったかわかりませんでした。
I don’t understand what you mean. あなたが言った意味を理解できませんでした。
I don’t get it. わかりませんでした。

オンライン英会話で、実際の相手との会話でなんと言ったのかわからなかったときは、
「I’m sorry, I don’t understand what you said.」など、まずはSorryとお詫びして
丁寧に「わかりませんでした」を伝えるようにしましょう。

I don’t understand.は直接的な表現に思えますが、これ、実はネイティブもよく使います(笑)
私の発音が下手なとき、ネイティブにこれを言われたことがあるので「あ、伝わらなかったんだな〜」と思ったことがしばしばありますw

2・もう一度言ってもらいたいとき

Could you say that again, please? もう一度言って頂けますか?
Can you repeat what you just said? 今言った言葉をもう一度言って頂けますか?
Would you mind saying that again? もう一度言って頂けますか?

「Could you〜」が丁寧なので、オンライン英会話で聞き返したいときは
「Could you say that again, please?」はすぐに言えるようにしておきましょう。
sayをexplainに変えて、「Could you explain that again, please?(もう一度説明していただけますか?)」でもOKです。

ちなみに、ちょっと聞こえなかったとき、わからなかったときなど
一番端的に聞き返せるフレーズはこれ!↓
Pardon?
Sorry?
これらは一言で「なんとおっしゃいましたか?」のニュアンスがあるのですぐ出てくるといいですね。
イギリス人の友達と仲良くなったとき、彼女は日常会話でもしょっちゅう「Pardon?」って言ってました(笑)

また、友達同士でカジュアルに「え、なんて言ったの?」と聞き返したいときは
「Sorry, what did you say?」でOKです♪

3・もっとゆっくり話してもらいたいとき

Could you speak more slowly, please? もう少しゆっくり話して頂けますか?
Would you mind speaking more slowly? もう少しゆっくり話して頂けますか?

とにかく早口の外人に出会ったときは、早めにこう言いましょう!(笑)
例えば「Sorry, Listenning is difficult for me… Could you speak more slowly, please?(すいませんリスニングが苦手なので、もう少しゆっくり話していただけますか?)」
と、まだ英語が苦手なことやリスニングが苦手なことを正直に先生に伝えると
ゆっくり説明してくれるようになりますよ。

4・意味がわからなかったとき

What do you mean? どういう意味ですか?
What does “☆☆☆” mean? ”☆☆☆”とはどういう意味ですか?

相手が言った意味がわからなかっとき、相手が使った単語を知らなかったときは
mean(意味)という言葉を使って上手に聞き返してみましょうね。

5・簡単な英語で言ってもらいたいとき

Could you explain the word “☆☆☆” in simple English? ”☆☆☆”を簡単な英語で説明して頂けますか?

わからない単語があったときや複雑な説明をされたときは、
自分でも分かるように簡単な英語で説明してほしい旨を伝えましょう。

6・英語でなんと言えばいいのかわからないとき

I don’t know what to say it in English. 英語でなんと言えばいいのかわかりません。
I don’t know how to explain it in English. 英語でなんと説明するかわかりません。

How do I say… How to say…  How can I say… なんて言うんだろう…
How should I say… なんて言うべきだろう…
What should I say? なんて言えばいいですか?

I can’t come up with anything to say. なんと言えばいいのか思いつきません。

自分がなんと言えばいいかわからないときは、
「なんて言えばいいんだろう」というこれらの英語フレーズをすぐに言えるようにしておきましょう。
これが言えると相手もすぐに「こうじゃない?」と教えてくれるはずです。

7・相手からの質問がわからなかったとき

What was the question? 質問はなんでしたか?
What was your question? あなたの質問はなんでしたか?
What did you just ask? なんと訪ねましたか?
Can you repeat the question? もう一度質問を言って頂けますか?
May I ask what was the question? もう一度質問を言って頂けますか?

オンライン英会話や実際の英語レッスンなどで先生から何かを聞かれることは多いですよね。
先生からの質問がわからなかったときは、すぐに質問を聞き返しましょうね。

8・聞き取れないから書いてほしいとき

Please type it. タイプしてください。
Please write it. 書いてください。

Could you write it down on the Skype text box? スカイプのチャットボックスに書いて頂けますか?
Could you write down what you just said. あなたが言ったことを書いて頂けますか?
Could you write down your question? あなたの質問を書いて頂けますか?
Could you spell that? スペルを書いて頂けますか?

オンライン英会話だった場合、聞き取れなかったらスカイプのチャット欄にスペルを書いてもらうと良いでしょう!
ちなみにスペルを聞き返すフレーズは現地の電話対応などでも必ず必要になるので、これは覚えておくといいです。

「わかったふり」が一番だめ!

日本人がもっともやってしまいがちなのが、わからないのにわかった振りをしてしまうところや「知ったかぶり」をしてしまうことですよね。

相手が何を言っているかわからなかったのに、「い、いぇす?」とわかったふりをして流してしまうのが一番ダメです!

私自身もオンライン英会話レッスンを始めた当初はレッスンを止める勇気がなくこれらのフレーズを言えずにいました。

でも、「わかりませんでした」と素直に言えるようになってから
先生とのコミュニケーションも一気に取りやすくなりました!

英語力を向上したい!留学前に英語を上達させたい!と思うのであれば
まずは「わからなかった。なんて言ったの?」をすぐに言えるようにしましょうね♪

では、頑張ってください〜〜♪

あやかのおすすめはDMM英会話!

私はワーホリ出発前半年間、DMM英会話のレッスンをチャレンジしてました。
最初は先生が何を言っているかわからず泣きそうになったことも多々ありましたが
数をこなす中でだんだん分かるようになりました!
正直毎日はできなかったけど…(笑)でも、週に3〜4回でも月額5980円は破格だと思います。

おかげさまでワーホリ出発時には中級レベルまで英語力は上がり
ホストファミリーや外人の留学生とも難なくコミュニケーションが取れました♪
心から、出発前にガリ勉しておいてよかったなって思っています(笑)

ぜひワーホリ・留学出発前にはDMM英会話で事前練習しましょう♪

DMM英会話のいいところは、ログインページに英語教材が乗っているところ。
レッスンする前にどの教材や文法を学ぶか自分で選べるし、終わった後も復習ができて最高でした!
この安さでこのクオリティはすごいな!と思います。

まずは体験レッスンを2回!チャレンジしてみてください。本当に本当におすすめです!

Ayaka

30,093 views

2017年3月にバイロンベイへワーキングホリデーで来豪。ケアンズ近くのバナナの街でバナナファームを経験。現在はセカンドワーキングホリデーでシドニーに滞在中。...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。