プライベートのヨガセラピーセッション準備中&勉強中です♪

スポンサーリンク



今日も、ヨガ学校で学びを深めてきました!

今学期の科目の一つである、プライベートのヨガセラピーセッションの授業。

マンツーマンのヨガセッションの組み立て方を学んでいきます。

先生は小さい頃にインドからオーストラリアに移住したというインド人の方で「アーユルヴェーダの指導者」であり「ヨガセラピスト」でもある方。

ヨガセラピストって名乗れるの、かっこいいですよね〜!!!

私は今もプライベートヨガをやらせたいただいていますが、専門学校を卒業したら学んだ知識を活かしてさらに掘り下げたセラピー的なプライベートヨガセッションをしようと今から考えています。

この科目、アーユルヴェーダの考えを取り入れながらやっていくので毎回授業がおもしろくておもしろくて!!!

プライベートヨガのインタビューから、姿勢のチェック、アーユルヴェーダの要素、生徒が何に「アンバランスなのか」、タマスやラジャスなどの要素。。などなど

ヨガ的にいろんな側面から見てその生徒に「どんなヨガセッション」を組み立てていったら、その生徒のバランスが取れていくのか考えていくんです。

おもしろいですよね〜!!

先生はプライベートヨガセッションを組む時、必ず最初にカウンセリング、ヒアリングをして、そして週に1回のペースで最低8回ほどは一緒にヨガ練習をしていくそう。

すると、必ず生徒さんは何かしらの形で変化や気付きがあるそうです。

プライベートのヨガセラピーはメンタルの悩みでも体の悩みでも対応はできるものなのですが

私は自分自身がパニック障害になり大変な思いをしたので、やっぱり同じようにパニック障害を経験して辛い方に向け特化したようなプライベートヨガを考えていきたいなあなんて、思っています。

今学んでいる内容を取り入れたら、さらに濃いプライベートレッスンになること間違いなしなので

今からなんだか勝手にワクワクしています!

そんなわけで、今日は以前から課題用に準備してきた「プライベートヨガセラピーセッション用のヒアリングシート」のテンプレートを完成させました!!

最初は課題提出用でかなりシンプルに作っていたのですが、どうせ同じ時間をかけるなら今後仕事でそのまま使ってしまおうと思い本気で頑張りました。

ネットでテンプレートを探し、コピペできるところはしたけども!

それでもこの科目で学んだ独自の要素や自分なりの質問もたっぷり入っているので私にとって今後かけがえのないテンプレートになることでしょう♡

英語なので海外のクライアントさんにもそのまま使えるし、課題用として妥協せずに頑張ってよかった〜と今は自己満に浸っています。笑

ヨガセラピー的プライベートヨガセッションのプログラムを組み始めるのはまだ半年くらい先(卒業を目安に考えています)になりそうですが、お楽しみに〜!!

さて、今週も学校頑張ったことだし!(毎週、月火が学校なんですよ〜)

明日からはお仕事がんばります!

さっそく明日の朝はオンラインヨガサロンの3月初のZOOMレッスン♪

3月は骨盤底筋を鍛えるのがテーマなので、明日はご挨拶と骨盤底筋を鍛える呼吸をやっていきますよ♡

オンラインヨガサロンの皆様、お会いできるの楽しみにしています!!

オンラインヨガサロンのヨガクラスは単発で受講可能な日もあるので、気になる方はお気軽にお問い合わせくださいね。




シェアお願いします❤


Instagram毎日更新中❤

オーストラリアシドニーでの生活や、人気のカフェ情報、おすすめのヨガポーズなどを毎日更新しています!
ぜひフォローしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください