パニック障害の薬への恐怖感が強いあなたへ。薬に頼る自分を責めないで♡

スポンサーリンク



「パニック障害を克服する際、お薬は飲まれてましたか?」
「パニック障害のお薬に対する恐怖感はありましたか?」

などなど、
パニック障害に関するお薬の問い合わせをよくいただきます。

今回は、私がパニック障害を克服する際に飲んでいた薬のこと

そして薬への恐怖感や、実際飲んでみた副作用や効果についてお話します。

この記事はこんな方におすすめ
  • パニック障害と診断されたけど、薬を飲むのが怖い方
  • 薬の副作用が怖くて不安な方
  • 薬に頼ってばかりいる自分を攻めがちな方
  • 薬を早く辞めたくて気持ちが焦ってしまっている方

パニック障害克服・お薬に関する体験談

ではまず、私自身のパニック障害克服とお薬についての体験談を話します。

私は26歳の頃パニック障害になり、薬物療法をはじめました。

  • 毎日飲むお薬としてSSRIのパキシル
  • 発作時の頓服薬として抗不安薬のセニラン

この2つを飲んでいました。

そして2年間で完全・断薬に成功しました。

28歳で無事にお薬なしでオーストラリアに飛び立ち、

今は31歳。もうすぐ32歳になりますが、今は何も飲んでいません♡♡♡

インスタを見てくださっている方はご存知かと思いますが、

今年の3月〜6月、
コロナウイルスによるロックダウンでのストレスでパニック症状が再発しました。

その際にシドニーの病院に行き、パキシルを念のため処方してもらいましたが
結局飲まずじまいで引き出しにしまってあります。

ロックダウン中、不安発作がひどいときは何度か頓服薬を飲みました。

でも結局パキシルは再開しなくてもがんばれそうだな〜と自分で思ったので、飲んでません♪

10月、今このブログを書いている段階では毎日・元気モリモリです(・∀・)

でももちろん調子の悪い日は不安になったり、ソワソワしたりすることもあります。

でもそういうときは、アロマ・ヨガ・瞑想で乗り切っています♡

パキシルは引き出しに入れていてまだ未開封なまま、
頓服薬は一応ポーチに入れていますが全然飲んでません。

「あー今日、不安感あるなー。よっしゃー。ヨガでもするかー!」って感じです。(笑)

今はヨガが私の薬代わり\(^o^)/

パニック障害闘病当時のお薬への恐怖感について

今はそんな感じで生きられている私ですが。

パニック障害発症当時、お薬への恐怖感はめちゃくちゃありました。

なんでこんな薬飲まなきゃいけないの?って(;´Д`)

「抗うつ剤?え?なんで私が?」って。

副作用も怖いし、
薬への恐怖で逆にパニック発作を起こしたり。

もう、ただただお布団の中で撃沈していました。

ただでさえ毎日が不安なのに、
お薬飲むことも不安で、
もはや不安が不安で不安しかない不安のスパイラル!!!

おーーーまいがーーーー(;´Д`)!!!!

って感じでした本当に。(笑)

パキシルになる前にも「ジェイゾロフト」という違う種類のSSRIを飲んでいましたが、それがなぜか身体に合わず。

セカンドオピニオンで信頼できるお医者さんに会うことでき、いろいろと相談した結果パキシルに変更になりました。

SSRIジェイゾロフトが合わずパニック障害が悪化した体験談。精神科病院でセカンドオピニオン

SSRIって種類がいろいろ合って、人によって合う合わないがあるそうですね。

不思議ですよね〜(;´Д`)

でも今思えば、ジェイゾロフトが合わなかったのは、本当に合わなかったというより

”お薬への度を超えた恐怖感”があったからなのではないかな…と思います。

SSRIパキシルを飲んでみて、副作用や効果

と、そんなわけで。

いやいや飲み始めたパキシルですが、幸いにも私に合っていたようです。

SSRIは副作用への恐怖感を訴える方が本当に本当に多いですよね。

私も、例に漏れずそうでした。

副作用が怖くて怖くて(;´Д`)

でも、結果的には大丈夫でした♡

最初の2週間は副作用で胃が痛かったり吐き気がしたりしましたが、
3週目あたりからみるみる不安感や抑うつ感が減っていくのを感じたのです。

おかげさまで私はパキシルを飲みはじめて4ヶ月ほどで、パキシルがあれば外出や活動ができる身体になりましたから♪

SSRIパキシル飲んで良かった。信頼できる病院で私がパニック障害を克服できた理由。

パニック障害・お薬への恐怖感が強い方へ

「お薬に頼りたくない」
「自然療法で治したい」
「お薬に頼ってばかりの自分が情けない」

気持ちは、めっっっっっちゃわかります。

でも、思うんです。

パニックになった時点で今まで身体に無理をして頑張りすぎた結果なのに

なぜ、目の前の薬を飲まないことに対しても無理し続けるのだろう?

皆さん、胃が痛かったら胃薬飲みますよね?

頭が痛かったらロキソニン飲みますよね?

お子さんがインフルエンザだったら迷わずお薬を飲ませますよね?

じゃあなぜパニック障害の薬は拒むんですか?

お薬は頼ってもいいものです♡

お薬は確かに頼りすぎは良くないかもしれませんが、私は頼ってもいいものだと信じています。

だって私はお薬を飲んで確実に良くなりましたし、
こうして克服できたのもお薬パワーがあったからです!!

お薬への恐怖感、お薬への拒否反応で
逆にパニック発作を誘発している方もいると思います。

でも、どうでしょう。

人類の頭脳が生み出して、
たっっっくさん勉強したお医者さんが処方してくれているお薬です。

そのお薬、信じてみませんか?

無理してこじらせるより、信じて飲んで
最短コースで克服しましょうよ☆

【Ayakaご提供コンテンツ】

▷月額制オンラインヨガサロン
ZOOMを使用したオンラインのライブヨガレッスン☆
単発受講が可能なレッスンもございます。

11月オンラインヨガスケジュール☆不安をコントロールできる私になる!




シェアお願いします❤


Instagram毎日更新中❤

オーストラリアシドニーでの生活や、人気のカフェ情報、おすすめのヨガポーズなどを毎日更新しています!
ぜひフォローしてください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください