キャンドル瞑想をやってみた感想。火の鳥を見た!!

スポンサーリンク



こんにちは!オーストラリアシドニーのヨガ専門学校でヨガを深めに深めているヨガ講師のAyakaです✨

今日は月曜日!

学校の日でした。

今朝の科目は「Advanced meditation」

直訳すると上級の瞑想。笑

その名の通りありとあらゆる瞑想について学んでいきます。

まずは動く瞑想である”moving meditation”のヨガを60分やった後、プラーナヤーマを少しやり、そして今週のテーマの瞑想を学びながら実践していきました。

今週の瞑想は

  • マントラ瞑想
  • 音楽を使用した瞑想
  • キャンドル瞑想

がテーマでした。

その中の、キャンドル瞑想で今日は驚きの体験をしたのでシェアします!

キャンドル瞑想とは、キャンドルに火を灯しその一点に集中力する瞑想のこと。

座学の授業で何度かそういうものがあるとは知っていたけど、実際に試してみるのははじめて。

「キャンドルの光に意識を集中させて…」

と先生の優しいガイディングの声を聞きながらひたすらキャンドルに集中してみました。

ボヤボヤ〜っとしてきて

明るい光がふぁ〜っとなって

「目を閉じて、目を閉じた中で何か見えるか感じてみましょう」

と言われて目を閉じたら

ギョギョ!

火の鳥が飛んでいる〜〜〜!!!!

目を閉じたその先に、キャンドルの光を記憶した形が火の鳥に見えたんですね。

不死鳥マルコかと思いました。(ワンピースを今毎日読んでるので頭の中そればっかりww)

これ、本当に人によるし、同じ人でもタイミングや体調によって変わるとは思うんですが

今日の私はキャンドルの光の下にフワーっと長く光が伸びて、さらに光の上にはトサカのように光が伸び

さらにさらに両サイドにもボヤボヤ〜と影が映って(多分ヨガブロックかな)

目を閉じた先に現れたのが火の鳥だったので、なんだかとても朝から気分が良くなりました♪

1人るんるんで瞑想を終えた私の隣には

クラスメイトが「おえ〜、疲れた〜、きもちわる〜」と言っており、その子にとってはキャンドルの光が眩しすぎて目が痛いしすごく長くて辛い時間だったと言っていました。

先生が「Who doesn’t like it?(この瞑想嫌いな人はだれ〜?)」と聞いた時

結構な人数が手をあげてました。笑

改めて瞑想って、好き嫌いあるし、向き不向きがあるなと思いました。

しかしそこで先生はこう言ったんです!

「このキャンドルをあげるから、嫌いって思った人は明日も明後日もやってみて。

そして、”なんで私はこれが嫌なのか、嫌いなのか、観察してみて”」

おおおお〜。さすが、ヨガの先生の先生です。

嫌いなことやらせるなんて!い、いやだー!!

と最初は聞いてて思ったけど、

でもたしかになんで嫌いなのか?どうして嫌いなのか?って嫌いなことに関して深く考えることってなかったなあ…と

先生の話を聞いてて思いました。

これこそヨギーらしい「気付き」「マインドフルネス」なんでしょうね。

さてさて、そんな今日は

無事に来週締め切りの課題ひとつ目を終わらせられました〜!

課題が一つ終わると、毎回とても達成感があります。ふう。

明日も学校!明日はアーユルヴェーダの授業。

明後日からはまたオンラインサロンに、プチ起業レッスンにいろいろあるので

今週も充実な一週間になりそうです!

皆様も素敵な1週間をお過ごし下さい♪




シェアお願いします❤

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください