稼げない!?シドニー5つ星ホテルのローカルジョブ・ハウスキーピングの実態

スポンサーリンク



こんにちは、Ayakaです😊✨🤙

今日はこないだのブログで書いたハウスキーピングの仕事について、続きを😚

無事にシドニーシティ中心部、タウンホール駅からもすぐそこ!の某超有名5つ星ホテルの仕事をGETした私✨

これからキラキラシティライフが待ってるわ〜とウキウキしてました。

ローカルジョブだから時給が…いい?

だってそれもそのはず、ローカルジョブだから時給がいい‼

その内訳は

平日$24

土曜日$28

日曜日$33

祝日$51

でした。おぉーーーめっちゃいい😍

…って、思うでしょ❓笑

 

 

……あまーーーーい‼‼

蓋を開けたらブラックすぎるハウスキーピングの世界。

どういうことかというと、

実はこの時給、時給じゃないんですよ…。

 

時給制ではなく部屋数によってお給料が変わるシステム

というのはどういうことかというと、

2部屋掃除したら、1時間分の時給が発生しますよーというもの。

お給料はdepends on how many rooms というわけです。

単純計算で30分で1部屋の計算。

そんなのできるの?って思うでしょ。

 

 

…できないんですーーーーーーん😱😱😱😱😱爆爆

 

しかもしかも、慣れないうちは平日しか入れてもらえない‼

 

つまり、ぶっちゃけ言ってしまうと、

  • 朝7:30に集合してその日のノルマのボードをもらう→最大で13部屋分くらい
  • 9:00くらいまでお客さんが部屋から出ない→掃除できない→待ってる間は無給
  • 慣れないうちはチェックアウトの部屋に1時間くらいかかる→つまり時給$12(ブラックすぎ)
  • チェックアウトじゃない部屋(オキュパイトと呼ばれます)にDo Not Disturbサインがある部屋は掃除できない
    →つまり部屋数が強制的に減らされる
  • 掃除が遅いとベテランに部屋を持ってかれる→つまり部屋数が強制的に減らされる
  • そんなこんなで毎日上がれるのが15:00とか16:00くらい。それでできるのがトータルで平均すると8〜12部屋。

7:30〜15:30 8時間労働、30分休憩で

もらえる時給は5時間分…。

 

 

えぐ😱

えぐいでしょ😱😱😱

 

じゃ、ジャパレスの方が全然いいじゃん…
って、なるでしょ?😱😱😱

 

ハウスキーピングの仕事は本当の時給換算すると$11くらいになることはザラです。

どんな仕事よりもブラックである危険性のあるハウスキーピングin高級ホテル

同期で始めた日本人の女の子、これまた運命的にも同じ名前のあやかちゃんと

毎朝7:30に社員食堂でコーヒーを飲みながら

 

「今日も始まりますね、ブラックな仕事が…(ため息)」

「明日ズル休みしようかな…(ため息)」

「まじで、こんな条件ありえないですよね…(ため息)」

「ああ、本当に、やってられないですね…(遠い目)」

 

と2人で毎日負の空気に背負われながら仕事してました😂笑

 

ちなみに日本人はだいたい2ヶ月くらいで辞めるらしい。そりゃそうだ。

 

働いてるのはなぜか8割くらいモンゴル人(英語喋れない)

あとはタイ人、ネパール人、フィリピン人、台湾人などなど。

スーパーバイザーはフィリピン人多めでオージーもチラホラ。日本人の従業員はほぼいないので、英語環境といえば英語環境でしたよ〜。

 

腰も足も、体力的にもめっちゃきつい

そしてね、ハウスキーピング、身体的にもめっちゃきついのだ…。

眠いし、掃除機かけすぎて腰は痛いし、足もパンパン…。

毎日毎日、身体ボロボロでした(TдT)

 

スーパーバイザーもめっちゃ厳しい

5つ星ホテルだからこそチェック項目も多くて、
ちょっとでもホコリが残ってると容赦なくスーパーバイザーに呼び出されます。

 

「アヤカーーー!!Seeーーー!!?ダスティーーーー!!!!」

と叫びながら呼び戻されやり直しさせられます(笑)

結論から言うと、バナナファームより私はきつかった…。

だって、きついのに、給料も良くないんだもん😭💧モチベーションが、上がるわけもなく…。。。

でも、そんなハウスキーピングの仕事ですが、いいこともありました😊

なんと、「高待遇のポジションに昇格できた」んです!

それはまた今度書きまーす‼

 

Have a wonderful day😚🤙✨

またね〜👋

 

 

ハウスキーピングで昇格した話はこちら
高級ホテルのローカルジョブでルームアテンダントに昇格した話!

ローカルジョブ、5つ星ホテルの仕事をゲットした方法はこちら
私がシドニー5つ星ホテルのローカルジョブをゲットした方法!