ワーホリ初期費用の海外旅行保険代を0円にするたった1つの方法!

WORKING HOLIDAY

「お金がないけどワーホリ行きたい…海外保険高すぎる」
「20万する海外旅行保険って…入る意味ある⁈」

とにかく費用を抑えたいワーキングホリデー。初期費用を節約するなら、約20万しちゃう海外旅行保険を削るしかない!
今回は海外旅行保険にわざわざ加入してなくても現地で海外旅行保険として使えるクレジットカードと、現地で入れる保険をご紹介します。



ワーホリ前に作るべきは海外旅行保険証ではなくクレジットカード

ワーホリに出発する前に必要経費として代表的なものの1つに海外旅行保険がありますよね。私も実際ワーホリに1年目に出発する前に海外旅行保険に入りました。約20万円の出費。「仕方ない」とはわかりつつも痛かった。。。
海外旅行保険て大体18万円から25万円くらい。高いですよね!!

でも「入らなければいけない」と思って入ったものの、実際1年目のワーホリで病院に行った回数を数えきれる限り。
私が支払った海外旅行保険の金額は約20万円でしたがその元を取るために必死に小さい事でも病院に行きました(笑)例えばニキビとか例えば頭痛とか例えば腹痛などでにあらゆる理由をつけて病院に行って薬をもらいようにしました。

それでも、やっぱり20万円分は全然取り返せてない気がします!!(笑)(まぁでも結構薬もらったけどww)

実際に授業として受けられる語学学校代や、人生で変えられない経験となるホームステイ代などと違い目に見えない上に、病気や怪我がなければまったくもってリターンがない出費…それが海外旅行保険です。

1年ワーホリを終えた私が断言します。日本でわざわざ海外旅行保険に加入する必要はありません。

ただやはり心配性な方や、まめに病院に行きたい方、何か事故などがあって不安な方に関しては日本で海外旅行保険に1年分入ったほうが安心かとは思われます。

それでもやっぱり海外旅行保険は必要

クレジットカードを作れば海外保険がもれなく付いてくる

EPOSカード

私が言いたいのは「海外保険に加入する必要がない」のではなく「わざわざ日本でワーホリ出発前に海外保険に加入する必要はない」ということです。

そう、クレジットカードを作れば海外旅行保険は勝手についてくるのです。20万円も出してわざわざ加入する必要はありません!

例えばEPOSカードであればEPOSカードさえ持っていればオーストラリアに入国してから3カ月間は何もせずに海外旅行保険が付いています。もし病院に行った際にもEPOSカードに付帯されている海外旅行保険を使えば他の例えばAIGだったり東京会場日動だったりと同じようにキャッシュレスで病院に行くことも可能です。

また、「緊急医療アシスタンスサービス」という24時間日本語で対応してくれるエポスカード海外旅行保険事故受付センターと言う安心のサポートシステムもあります。

ただしEPOSカードについているものに関しては3ヶ月ぐらいのタイムリミットがあるため私のオススメ方法はこちら。

STEP 1・まず到着後3ヶ月はクレジットカード付帯の海外旅行保険を使用する。
STEP 2・その後オーストラリア国内で健康保険に加入する。

これが間違いなく、初期費用の海外旅行保険代を1番節約できる方法だと思います。

私も現在ワーホリ2年目で、現地で入れる健康保険Bupaに入っていますが、月々$49です。

つまり、クレジットカードを作ることで海外旅行保険の初期費用は無料。
4ヶ月目から12ヶ月目までの9ヶ月間を現地の健康保険に加入。するとたったの$441(約3万6千円)です!!

と言うわけで、私がお勧めする海外旅行保険付帯のクレジットカードをいくつか次回のブログよりご紹介していきます。

クレジットカードをワーホリに行く前に作っておくことで、安心して出発することができます。

ぜひワーホリ前にクレジットカードを作って手に入れて持っていきましょう!

Ayaka

16,973 views

2017年3月にバイロンベイへワーキングホリデーで来豪。ケアンズ近くのバナナの街でバナナファームを経験。現在はセカンドワーキングホリデーでシドニーに滞在中。...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。