ワーホリ海外旅行保険は0円にできる!留学におすすめクレジットカード徹底比較

スポンサーリンク



「ワーホリ出発前に20万する海外旅行保険って…入る意味ある⁈」
答えから言います。20万円する海外旅行保険にわざわざ入る必要は…ありません!

とにかく費用を抑えたいワーキングホリデー。初期費用を節約するなら、約20万しちゃう海外旅行保険を削るしかない!
今回は海外旅行保険にわざわざ加入していなくても、現地で海外旅行保険として使えるクレジットカードをご紹介します。

ワーホリ前に作るべきは海外旅行保険証ではなくクレジットカード

ワーホリ出発前に必要な経費として代表的なものの1つに海外旅行保険がありますよね
私も実際ワーホリに1年目に出発する前に海外旅行保険に入りました。約20万円の出費。

でも「入らなければいけない」と思って入ったものの、実際1年目のワーホリで病院に行った回数を数えきれる限り。ワーホリ1年間でその保険料の元を取るために、必死に病院に行きました(笑)ニキビ、頭痛、腹痛…あらゆる理由をつけて病院に行って薬をもらうようにしました…

それでも20万円の海外保険料は全然取り返せていません。

Ayaka
1年ワーホリを終えた私が断言します。日本でわざわざ高いお金を払って海外旅行保険に加入する必要はありません。

クレジットカードを作れば海外保険がもれなく付いてくる

私が言いたいのは「海外保険に加入する必要がない」のではなく
「わざわざ日本でワーホリ出発前に海外保険に加入する必要はない」ということです。

だって、クレジットカードを作れば海外旅行保険は勝手についてくるのです。20万円も出してわざわざ加入する必要はありません!

ワーホリ出発前に作っておくべきクレジットカード一覧

というわけで、海外旅行保険が付帯の「ワーホリ出発前に作っておくクレジットカード」はこちらです。

カード名年会費解説
エポスカード0円海外旅行保険が3ヶ月ついてくる
審査がラクラク!即日発行可
楽天カード0円海外旅行保険が3ヶ月ついてくる
楽天ポイントが貯まる
※出発前に楽天カードで旅行代金を決済する必要あり
JALカード入会後1年間無料海外旅行保険が3ヶ月ついてくる
マイルが貯まる
リクルートカード0円海外旅行保険が3ヶ月ついてくる
EPOSカード、楽天カード、JALカードと組み合わせると海外旅行保険をさらに3ヶ月延長できる!

どれか一つではなく何枚か持っておくと安心です。なぜなら、海外生活中に財布ごと盗まれたり、カードが止まってしまうトラブルは多々あります。何枚か持っておいて別の場所に保管するなどしておくと、何かのトラブルの際に対処しやすくなります。

クレジットカードでワーホリ海外旅行保険を節約する裏技2つ!

クレジットカード付帯の海外保険はほとんど90日、約3ヶ月間です。3ヶ月経った後の保険はどうするの!?と思う方もいらっしゃると思うので、クレジットカードを利用して海外旅行保険代を節約する裏技を2つご紹介します。

海外保険を節約する方法1

  1. まず到着後3ヶ月はクレジットカード付帯の海外旅行保険を使用する。(自動付帯)
  2. 渡航から3ヶ月経った時点で、リクルートカードで公共交通機関の支払いをする。(利用付帯)
  3. その後オーストラリア国内で入れる健康保険に加入する。

「利用付帯って何?」って思う方は多いと思いますが、よくわからなくても大丈夫(笑)
楽天カード・エポスカード・JALカードのいずれかを最初の3ヶ月で使用し→リクルートカードを現地で使用することで最大6ヶ月間の海外旅行保険をクレジットカードのみでカバーできます。
これって、すごいですよね!!本当に、知らないと損。

利用付帯と自動付帯の違いが知りたい方はこちらのサイトを参考にしてみてください。

利用付帯の意味がわからない!とか、利用付帯ができるリクルートカードを持っていない!という方は下記の方法でも十分海外旅行保険は節約できます。

海外保険を節約する方法2
  1. まず到着後3ヶ月はクレジットカード付帯の海外旅行保険を使用する。
  2. その後オーストラリア国内で入れる健康保険に加入する。

この2つのいずれかをすることで、間違いなく初期費用の海外旅行保険代を節約できます。

ワーホリに来る人の多くが知らない事実。
「現地でも健康保険に加入できる、しかも安い」ということ。
私も現在ワーホリ2年目で、現地で入れる健康保険Bupaに入っていますが、月々の支払いは約$49です。約4千円くらい。安いですよね?

つまり、クレジットカードを作ることで海外旅行保険の初期費用は無料=0円なんです。
クレジットカード付帯の保険が切れた後に現地で加入できる保険に入ればよし。

Ayaka
ワーホリ前に準備すべきは海外旅行保険ではなく、クレジットカードということですね!

というわけで、実際にお勧めの海外旅行保険付帯のクレジットカードをいくつかご紹介していきます!

海外旅行保険付帯のおすすめクレジットカード!

1・エポスカード

EPOSカード

マルイのカードであるエポスカードやっぱりおすすめ。
Visa付きのエポスカードなら海外旅行傷害保険が自動付帯。ワーホリ・留学時でのケガやさまざまなトラブルをカバーされます。特に出発前に旅行代金等をこのカードで支払う必要もありません。
出発前のお届けやお手続きは一切不要。引受保険会社は三井住友海上火災保険株式会社となります。

エポスカードの保証内容はこちら

保険の種類保険金額
傷害死亡・後遺障害最高500万円
傷害治療費用200万円(1事故の限度額)
疾病治療費用270万円(1疾病の限度額)
賠償責任(免責なし)2000万円(1事故の限度額)
救援者費用100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
携行品損害(免責3,000円)20万円(1旅行・保険期間中の限度額)
エポスカードのメリットはこれだ!!
◎24時間日本語対応の緊急医療アシスタンスサービスあり!
◎即日発行が可能!
◎登録料・年会費永年無料!
◎マルコのマルオの7日間、マルイでの買い物が10%OFF!

エポスカードは本当に気軽ですし、日々の買い物や旅行でもすごく便利なカードなのでまずは一枚持っておきたいですね。

2・楽天カード

とにかくポイントがザクザク貯まる!1枚あるとほんとにオトクな楽天カード
楽天カードも海外旅行保険が付帯しています。引受保険会社は三井住友海上火災保険株式会社となります。

保険が有効となるには、日本を出国する以前に下記に該当する代金を楽天カードで支払うことが必要です。
つまり出国する前に航空券などの支払を楽天カードでしていればOKということです。

楽天カードの保証内容はこちら

保険の種類保険金額
楽天カード楽天プレミアムカード
傷害死亡・後遺障害最高額2,000万円5,000万円
傷害治療費用1事故の限度額200万円300万円
疾病治療費用1疾病の限度額200万円300万円
賠償責任(免責なし)1事故の限度額2,000万円3,000万円
救援者費用年間限度額200万円200万円
携行品損害(免責金額3,000円)年間限度額20万円50万円

楽天カードのメリットはこれだ!!
◎「楽天カード保険デスク」が24時間日本語サポート
◎楽天グループのポイントがザクザク貯まる!
◎登録料・年会費永年無料!
◎安心のセキュリティシステム

私自身、楽天で買い物するのが大好きなので楽天カードで買い物をするとポイントもどんどん貯まって本当にオトクなので重宝しています!
ワーホリ用に作るなら、VISAが安心なのでおすすめ。

3・JALカード

マイル貯めるなら、JALカード!!旅行に行く機会が多いなら、JALカードを持っているとマイルがたくさん貯まっておトク。
しかもオーストラリア⇔日本の移動は、JALなら直行便もあり快適な上に安い!

私も先日オーストラリアから日本に一時帰国したときは、JALを利用しました。
ワーホリ出発前にクレジットカード作るならJALカードがめちゃくちゃおすすめです。

事前申し込みは不要。JALカードで航空券などを支払っていなくても保険が対応になります。
引受保険会社は東京海上日動火災保険(株)です。

JALカードの保証内容はこちら

保険の種類保険金額
傷害死亡・後遺障害最高5000万円
傷害治療費用150万円(1事故の限度額)
疾病治療費用150万円(1疾病の限度額)
賠償責任(免責なし)2000万円(1事故の限度額)
救援者費用100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
携行品損害(免責3,000円)50万円(1旅行・保険期間中の限度額)

JALカードのメリットはこれだ!!
◎ショッピングでも旅行でもマイルが貯まる!
◎ワーホリ・留学からの一時帰国も快適直行便!
◎カード有無にかかわらず付帯の保険が適応!
◎空港ラウンジサービス利用で快適な旅ができる!

私自身もJALカードを利用して、こつこつマイルを貯めています♪

4・リクルートカード

リクルートカード

リクルートカードは、他のクレジットカードと組み合わせることで「最大6ヶ月間」海外旅行保険をカバーできる利用付帯のクレジットカード。

リクルートカードの海外旅行保険を発動させるには「現地で公共交通機関の支払いをリクルートカードでする」ことが条件。海外渡航後3ヶ月した頃に、リクルートカードで支払いをすればよいのです。
「これで、本当に海外旅行保険が適用になったのかな?」と不安な場合は直接リクルートカードの窓口に聞くと安心。

リクルートカードの保証内容はこちら

傷害による死亡・後遺障害最高2,000万円
傷害による治療費用100万円限度
疾病による治療費用100万円限度
賠償責任2,000万円限度
携行品の損害
(自己負担額1事故3,000円)
20万円限度
救援者費用等100万円限度

 

リクルートカードのメリットはこれだ!!
◎驚異の高還元率1.2%!
◎リクルートだからこそすぐポイントが貯まっていろいろ使える
◎海外到着後に使うことで利用付帯にできる
◎ホットペッパー・じゃらんなどで最大限に活用できる

利用付帯であることが最大の魅力。他のクレジットカードをすでに持っている場合は、リクルートカードだけでもワーホリ前に作っておけば間違いなし。

まとめ

ワーホリ前にクレジットカードを作ると、驚異的にお得!ということがおわかりいただけましたでしょうか?
実際に私自身も海外旅行保険に加入して損してしまった側なので、「オトクな真実の情報を伝えたい…!」という一心で一生懸命調べてこの記事を書きました。

これからワーホリに旅立つ方が、これを見てお得に初期費用を抑えられることができたなら私は本望です。ワーホリ出発前に作るべきおすすめクレジットカードをまとめておきますね。

カード名年会費解説
エポスカード0円海外旅行保険が3ヶ月ついてくる
審査がラクラク!即日発行可
楽天カード0円海外旅行保険が3ヶ月ついてくる
楽天ポイントが貯まる
※出発前に楽天カードで旅行代金を決済する必要あり
JALカード入会後1年間無料海外旅行保険が3ヶ月ついてくる
マイルが貯まる
リクルートカード0円海外旅行保険が3ヶ月ついてくる
EPOSカード、楽天カード、JALカードと組み合わせると海外旅行保険をさらに3ヶ月延長できる!

それでは引き続きワーホリ準備、頑張ってくださいね〜♪

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください