アロマテラピーインストラクター試験◆試験範囲まとめ

スポンサーリンク



27323c5be01a6ac68b397dbd2b861079_s

アロマテラピーインストラクター試験の試験範囲

  1. アロマテラピーの歴史
  2. 解剖生理学
  3. タッチング論
  4. ボランティア論
  5. 基材論
  6. 健康学
  7. メンタルヘルス
  8. ホスピタリティーとコミュニケーション
  9. 精油学総論
  10. 精油学各論
  11. アロマテラピー利用法
  12. アロマテラピー教育

1.アロマテラピーの歴史

カリキュラムの目的

現代のアロマテラピーに至るまでの芳香植物の利用の歴史を学び、アロマテラピーの奥深さや豊かさを知る。

学習内容

  1. 芳香植物の利用の歴史
  2. 香料の歴史
  3. 芳香植物と医療

2.解剖生理学

カリキュラムの目的

恒常性などアロマテラピー教育に関わるために必要な解剖生理学の知識を理解する。

学習内容

  1. 身体の発生
  2. 神経系
  3. 内分泌系
  4. 免疫系
  5. 嗅覚
  6. 皮膚の構造と機能
  7. 恒常性

3.タッチング論

カリキュラムの目的

アロマテラピーにおけるタッチングの重要性を理解する。

学習内容

  1. タッチング
  2. タッチングの方法
  3. アロマテラピーにおけるタッチング

4.ボランティア論

カリキュラムの目的

AEAJが考えるボランティアの定義や特性などボランティアの概要を理解する。

学習内容

  1. ボランティアの概要
  2. ボランティアの実践
  3. アロマテラピーとボランティア活動

5.基材論

カリキュラムの目的

基材とは何かを学び、各々の基材の特徴を理解しアロマテラピーの実践に活用できる。

学習内容

  1. 植物性油性基材
  2. 植物性油性基材12種類
  3. その他の基材

6.健康学

カリキュラムの目的

アロマテラピーを実践する上で一般的な健康の概念を理解する。

学習内容

  1. 栄養
  2. 運動
  3. 休養
  4. 健康管理

7.メンタルヘルス

カリキュラムの目的

アロマテラピーを実践する上で一般的なメンタルヘルスとストレスの概要を理解する。

学習内容

  1. ストレスとメンタルヘルス
  2. ストレスケア
  3. ストレスと疾病

8.ホスピタリティとコミュニケーション

カリキュラムの目的

アロマテラピーにおけるホスピタリティとコミュニケーションについて理解し実践できる。

学習内容

  1. アロマテラピーにおけるホスピタリティの考え方
  2. ホスピタリティとコミュニケーション
  3. コミュニケーション

9.精油学総論

カリキュラムの目的

アロマテラピー実践のために精油の基本的な事柄を理解する。

学習内容

  1. 精油
  2. 精油の伝達経路
  3. 精油の製造法
  4. 精油の科学
  5. 精油の成分変化
  6. 精油の安全性
  7. その他の用語

10.精油学各論

カリキュラムの目的

アロマテラピーの実践のために各々の精油の特徴を理解する。

学習内容

  1. 精油30種類とその基本情報

11.アロマテラピー利用法

カリキュラムの目的

各々の利用法を理解し精油の選択を含むアロマテラピー利用法を実践、体感する。

学習内容

  1. アロマテラピー利用法

12.アロマテラピー教育

カリキュラムの目的

アロマテラピーインストラクターとして求められることを理解しアロマテラピー教育を実践できる。

学習内容

  1. アロマテラピー教育概論
  2. AEAJ認定アロマテラピーインストラクターの心得
  3. アロマテラピー教育実習

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください