オーストラリアから日本に帰国!入国後の流れは?何時間で空港を出れるの?【隔離生活レポート】

こんにちは、オーストラリアシドニーから日本に帰国したAyakaです。

今回のブログでは

「日本に入国後ってどんな手続きが待ってるの?」
「入国後ってどのくらい時間かかるの?」

という質問の答えになるような内容を書いていきます♪

昨日は無事に入国ができ、インスタグラムでストーリーを上げたところ
たくさんの「おかえり」DMが届きました…!!( T_T)\(^-^ )

あらためて皆さんの愛と応援に感謝の気持ちでいっぱいです。
いつもありがとうございます💕

おかえりDMに合わせ、たくさんの質問もいただいているので
個別の返信が難しいため今後もブログにて皆様に情報発信させていただきますね…💕

帰国当日のブログはこちら↓

目次

無事に、シドニーから日本に帰国できましたーーー!!!

昨日の早朝5時半頃、無事に羽田空港に到着しました。

こんなコロナ禍ですし、
もしかしたら帰れないなんてこともあるのでは…と
不安だったので、
無事に入国できて一安心です( ; ; )💕

まずオーストラリアを出発する前に、
シドニーでのコロナPCR検査の証明書の準備が必要だったし
出国までの準備もなかなか面倒でしたから。。

あとはこれは私自身の判断なのですが
コロナウイルスやオミクロン株などの感染予防のため、
出発前からなるべく不要不急の外出は控え、自主自粛してました。

ちなみにワクチンは10月にシドニーにてファイザーを打ち終えています(๑╹ω╹๑ )

シドニー出国までの準備やPCR検査などに関しては、また別記事で今度じっくり書きますね。

空港に到着し、入国したあとの流れ

入国からホテルに到着するまでは約4時間

早朝5時半頃に空港に着陸後、隔離のホテルの部屋に到着したのが9時半でした。

入国から隔離ホテルに到着するまでは約4時間ですね!

ちなみに友人の話やSNSで見かけた話だと6〜10時間待った…という話も聞くので
かなり早い方だったようです。ラッキー( ✌︎’ω’)✌︎

入国後は、手続き・検査などでたらい回しにさせられますw

入国してからの流れはというと、こんな感じでした。

会場内では写真撮影が禁止でしたので文章で頑張ります

飛行機から降りた直後はたくさん歩くし、めっちゃたらい回しにされるので
飛行機内でしっかりとご飯食べておきましょうね!!ww

飛行機で眠れないタイプの私は朝からなんかもうぐったりでしたよー笑

日本へ入国後の流れ
  1. QRコードの読み取り
  2. 書類の確認
  3. 検体摂取(コロナの検査)
  4. アプリのインストール
  5. 書類の確認アゲイン
  6. 待機場所で待機(陰性結果が出るまで)
  7. 税関・荷物受け取り
  8. バスでホテルへ
  9. ホテルにチェックイン

空港に到着してから隔離ホテルに行くまでの流れ・詳細

ではここから、一体入国後にどんなことが待ち受けているのか
ひとつひとつ説明をしていきますね♪

STEP
QRコードの読み取りをして自分の情報を入力

飛行機から降りるやいなや
「こちらへどうぞ〜」と矢印にそって廊下をひたすら歩きます。
一番最初についた個室はQRコードを読み取って個人情報を入力する感じでした。
パスポート番号、乗ってきた飛行機名、どの国のどの地域から来たのかなどなど。

STEP
書類の確認
飛行機で配られる書類

次の部屋へ歩かされると次は書類チェック。
飛行機で渡される、書類がいくつかありまして(入国へのアンケートや誓約書等)
その書類を確認されたり、新たに「日本に入国される方へ」的なパンフレット等をいただきます。

国や地域などにより隔離期間が違うため、ここでチェックされて
今後の流れを説明されます。

STEP
検体摂取

次の部屋ではコロナの検査。

なんとここでは、唾液を取ります。

個室のようにセットされた会場で
唾液を振り絞って試験管に入れるのです。

この時に、壁にレモンと梅干しの写真が貼ってあってめっちゃ笑えました。

皆さん唾液出すの頑張ってくださいねっww

STEP
アプリのインストール

空港内のエスカレーターを登ったり降りたりしながら迷路のように進むと
今度はアプリのインストールと説明です。

スタッフさんが来てくれて
隔離生活中に政府へ報告をするために必要なアプリをダウンロードと設定をしていきます。

MySoSというアプリと接触確認アプリは出国前にダウンロードしておくと楽ですよ💕

参考記事日本へ入国・帰国した皆さまへ 「14日間の待機期間中」のルール厚生労働省

STEP
書類チェック・隔離期間や送迎の再確認

またもまたも別部屋に歩かされ←

今度は隔離期間の再チェックなど。

私の場合は
オーストラリア・ニューサウスウェールズ州からきたため6日間のホテル隔離
→その後自宅で隔離→合計で14日間の隔離生活
となります。

ホテル隔離が終わった後も公共交通機関が使用できないため
家族の送迎予定やハイヤーの予約はどうなってますか?
とここで確認されました。

STEP
待機部屋で待機

そして最終的に空港のとある待合場所で待機となります。

唾液検査による陰性結果が出るまで、空港を出ることができません。

ちなみにこの部屋に着いたのが6:30だったので

約1時間のたらい回しとなります!入国する皆さん、頑張って!!

私が思うに、ここが1番の長い待ち時間となります。

ホテルにたどり着くまで
食事などは手配されませんし、
いろんな会場をたらい回しにさせられ
喉はカラッカラになります_:(´ཀ`」 ∠):

私は飛行機の食事の際に余ったパン、クラッカーがあったので
このタイミングで食べました。

飲み物は自販機が待合室にあったので、そこで買えました♪
(日本円を持ってなかったのでオーストラリアの銀行カードを電子マネーとして購入しました)

機内持ち込みの荷物に軽食やお水などは確保しておくのがおすすめ。
飛行機で食べきれなかったものもキープしておくと安心!

STEP
同じホテルに待機する人と団体になり、空港を出ます

待機場所で検査番号が呼ばれると、
同じホテルに待機する人と団体になります。

私が呼ばれたのが8:30だったので約1時間半
待機部屋にいた感じですね。

その後ツアーガイドのようにスタッフさんについていく形で
一列になり大移動です。

ここで税関や荷物受け取り場を通ります。

STEP
空港行きのバスへ乗り込む

やっとのことで空港を出るとそのまま大型バスへ。

バスの窓には「ホテルA」と書かれていました。

まるで、ミステリーツアーwwww

そしてその後ホテルへ。

私たちは大変ラッキーなことに割と近い場所でしたが
横には「ホテルB」「ホテルC」と書いてあるバスも並んでいましたので
ホテルの場所は本当に人それぞれというか、運でしかないのかなと感じました。。。

STEP
ホテルでチェックイン&説明

ホテルに入るとまたもや空港のように
個別の説明会場とスタッフさんが待ち受けていました。

書類やパスポートをチェックされ
今後の流れや健康チェックの方法
食事や隔離中のルールなどを
一人一人に説明されます。
(この時Ayakaはもう眠くて意識朦朧w)

そしてホテルの部屋に入れたのが9:30でした。

入室する際に「朝ごはんです」と
お弁当を渡されてめっちゃ嬉しかった…。

コロナ厳重体制での入国をした感想

いやー、お疲れ様でした。

私は飛行機が怖くて熟睡できないタイプで
今回も飛行機では3時間ほどうとうとしたのみで
入国後のたらい回し、割としんどかったです。。。

飛行機で熟睡できるタイプの方は特に問題ないと思いますが、
それにしても歩かされますよw

しかし驚いたのは、会場の多さとスタッフの多さ。

それぞれの書類チェックや検査会場、説明会場が違くて
空港内をこれでもかってくらい歩かされます。

いやーー羽田空港が、あんなに広かったなんてね?!・:*+.\(( °ω° ))/.:+

そして今回のために短期で派遣されているであろうスタッフの多さ。

全員がマスク着用であろうことかゼッケンまでつけていて
まるでイカゲームのようでした(・∀・)

大学生くらいの方が多いように見えましたが、
みんな頑張ってましたね…えらいよ…(誰目線w)

コロナ禍でも日本人が入国できること、
そしてそのために働いてくださっているたくさんの方々。

もう全てが感謝です。

終わりに

今回のブログはここまで⭐️

これから日本に入国する方の参考になれば幸いです。

次回のブログでは

「隔離のホテルってどんなところ?」
「ホテルの食事は?費用は?」

という質問に答える形で書いていきたいと思います♪

感想や質問などがあればこのブログのコメント欄や
インスタグラムのDMなどにぜひお寄せくださいね・:*+.\(( °ω° ))/.:+

また次回のブログで会いましょう。
読んでくださり、ありがとうございました〜!!

Ayakaのご提供レッスン

月額制オンラインヨガサロン

月額制オンラインレッスン受け放題・録画アーカイブ見放題(月末のみ新規メンバー受付)

プライベートヨガセラピー

カウンセリング込みのマンツーマンセッション。
自律神経の不調やパニック障害の方向け。

プチ起業・ブログ&SNSコンサルティング

継続グループレッスンもしくは個人相談

質問・お問い合わせはインスタのDMかLINEでどうぞ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる