カモミールジャーマンの効果効能【アロマテラピー検定対策】1発合格した私の勉強ノート

スポンサーリンク



りんごのような甘くフルーティな香りで世界中でハーブティーとして愛飲されています。
深いインクブルーが特徴。主に身体に作用する精油です。

Ayaka
ハーブティーで楽しむとフルーティーでりんごのような香りですが、ジャーマンカモミールの精油はツーンとした強烈な香り。精油の色も「カモミールブルー」と呼ばれるインクのような真っ青な色が特徴です。

カモミールジャーマンの精油・エッセンシャルオイルの特徴

赤いリンゴを思わせる、可憐で濃厚な香りを持つ濃い青色の精油です。
この濃いブルーは、含有する芳香成分のカマズレンによるものです。
カマズレンは、殺菌や抗炎症、抗ウイルスにも効果的で抗アレルギー作用にもすぐれています。
肌荒れ、更年期障害、PMSなど女性の悩みにも役立ちます。

ジャーマンカモミールの精油は、たくさんの花からわずかな量しかとれないため、
大変貴重なものです。
同じキク科のローマンカモミールは多年草ですが、
ジャーマンカモミールは一年草です。
ハーブティとしても世界中で愛されています。

Ayaka
いわゆる「カモミールティー」に使われているのは、ローマンカモミールではなくジャーマンカモミールなんですよ♪リラックス効果の高いハーブティーですのでとてもおすすめです。

 

カモミールジャーマンの植物データ

原料植物名 ジャーマンカモミール

科名 キク科

学名 Matricaria recutita

主な産地 イギリス、エジプト、ドイツ、ハンガリー

カモミールジャーマンの精油データ

抽出部位 花

精油製造法 水蒸気蒸留法

主な成分 カマズレン、ビサボロール誘導体、ファルネセン

カモミールジャーマンの精油作用

鎮静、殺菌、鎮痛、抗アレルギー、解熱、白血球生成、胆汁分泌促進、消化促進、健胃、教肝、駆風、通経、鎮痙、抗痙攣、細胞成長促進、瘢痕形成、抗炎症

有効な心の症状

ストレスによるイライラ、不満

有効な体の症状

神経緊張、神経痛、頭痛、偏頭痛、歯痛、神経炎、不眠症、感染症全般、神経性の胃腸障害、腹痛、消化不良、胃潰瘍、下痢、吐き気、月経痛、月経過多、月経不順、関節の炎症、リウマチ、捻挫

有効なお肌の症状

炎症、皮膚のアレルギー症状、湿疹、吹き出物、ヘルペス、創傷、乾燥肌、にきび、日焼け、かゆみ

カモミールジャーマンの注意事項

  • まれに肌刺激がある。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください