シドニー年越し花火はミルソンズポイントが1番!体験談と注意点5つ

WORKING HOLIDAY

シドニーで年越し花火を間近で見たい方へ。シドニーに年末年始旅行で来る方、そして今年ワーホリや留学でシドニーに来てはじめての年越しを迎える方…やっぱりせっかくだしいいところでニューイヤー花火を堪能したいですよね。それならやっぱりミルソンズポイントがおすすめ。私の去年の体験談をふまえ、ミルソンズポイントで花火を楽しむポイントをご紹介したいと思います。



花火を一番間近で観れる「ミルソンズポイント」

それは去年2017年12月31日のこと。私は友人に誘われるがまま昼前からミルソンズポイントに行きました。まだシドニーに来て1ヶ月足らず、右も左もわからないままミルソンズポイントという駅に向かったのです。当時は「ミルソンズポイントってどこや?」「キリビリって??」と、全くその場所の素晴らしさを分かっていませんでした。

そう、このミルソンズポイントこそ…シドニーの年越し花火を一番間近で観れる超絶景スポットです!!
ちょうどオペラハウスの向かい側に位置し、ハーバーブリッジの麓にいるイメージ。ここは花火なんてなくても、普段から綺麗なシドニーの景色を楽しめる観光スポットでもあります。

出展:City of Sydney

シドニーの年越しは、このハーバーブリッジからドカドカと花火が飛び出るんですよ!!
考えるだけで、ワクワクするでしょ〜?♡

ミルソンズポイントの場所

ミルソンズポイントは、 シドニーシティの中心部からハーバーブリッジを渡ったところにある場所。「ミルソンズポイント駅」があるので、シティのタウンホール駅からウィンヤードを経て2駅目です。シティから電車なら数分でついちゃいます!

ミルソンズポイントで年越し花火を楽しむために

出展:City of Sydney

1・入場券となるリストバンドをGETしよう

シドニーの年越しは、世界中から観光客が集まる大イベント!もちろん朝から場所取りの人でいっぱいです。
ミルソンズポイントで特によく花火が見える鑑賞場所にはゲートが設置され、中に入場するためにはリストバンドをGETする必要があります。鑑賞場所は人数制限があるため、そのリストバンドがゲート内への入場チケットとなるのです。いい場所で鑑賞したいなら、必ず朝はやくからリストバンドをGETしておきましょう!

でも私達は20人くらいの大人数グループだったため、全員分のリストバンドを確保することはできずゲート外からの鑑賞でしたが十分綺麗に見ることができましたよ〜♡

2・場所取りをしよう

朝からミルソンズポイントに行ったらまずは場所取りをしましょう。びっくりするくらい、すぐに人でいっぱいになります(笑)
オージーやローカル以外にも、中東系やアジア系、中国人などものすごい図々しい人たちがたくさんいます。奴らは躊躇せず人のブルーシートにはみ出して侵入してきます!場所取りは気合を入れて、ブルーシートでガッツリ確保しましょうね!

3・暇つぶし道具は必須

午前中から気合いを入れて場所取りをして、さーー花火への準備はバッチリ…!!なのはいいけれど。
ご存知の通り、本番のシドニー年越し花火が打ち上がるのは0時。12時間以上の待ち時間を楽しく乗り越えるために、暇つぶし道具は必須です。トランプやウノが必要です!みんなで楽しめるように人狼などのアプリを入れておくのも良いでしょう。
あとやはり暇つぶしにスマホはかかせないので、モバイルバッテリーチャージャーも必ず持参しましょうね!

4・お菓子や飲み物も持参しよう(お酒は禁止よ)

ミルソンズポイント周辺にはたくさん出店がでるので飲み物や食事は現地で調達が可能です。しかし、待っている間にブルーシートで小腹が減ったり、喉がカラカラになったりするので飲み物やお菓子などはたくさん持ってきましょう。ハーバーブリッジを見ながらのチップスは最高です!(笑)
また、日本では年越しイベントで野外でお酒を飲むのは当たり前の感覚ですがオーストラリアは違います。オーストラリアはアルコールに関して厳しいルールがあるので、ミルソンズポイントでビールを飲み酔っ払いながらの年越しはできません。というわけで私の友人たちはシティのパブで散々飲んで十分なほど酔っ払ってからミルソンズポイントに来てました(笑)ドリンクはお水やお茶、コーラなどをたくさん持ってきて、さらにクーラーボックスなどがあると重宝すると思います。なんせ真夏なので!

5・オムツは必要!?年越しトイレ事情

ニューヨークのタイムズスクエアの年越しは「オムツが必須」って有名ですよね。果たしてシドニーの年越しはどうなんでしょう。
答えは…ミルソンズポイントには公衆トイレがたくさん設置されるので大丈夫!

でもね、たくさん設置されるけれども…まずトイレまでたどり着くのが本当に本当に大変です。21時以降はゲートに規制がかかったり、なかなか出入りも難しくなります。その上ものすごい人の数なので、トイレまで行くのも大渋滞。私はもともとトイレが近いので、今回12時間待っている中一番苦労したのがこのトイレ問題でした。

あれ…もしやシドニーもオムツあった方がいいのでは!?と思いますね。(笑)
…というわけで、トイレが近くて人混みの中数十分かけてトイレに行く苦労をしたくない人はこっそりオムツしていったらいいかもしれないです。恥ずかしいとかそういう問題ではなく、便利だと思いますよ!

あと女性は特にトイレットペーパーが公衆トイレにはほぼないので、ティッシュは必ず持参しましょう。これ重要!

私の2017年シドニー年越しは12時間待ったよ…

2017年の大晦日、私は11時半くらいにミルソンズポイントにつきました。そこで場所取りしてくれてた友人と合流し、コーラを飲んだりサンドイッチを食べたり…

ウノをしたりトランプをしたり…

ただひたすら12時間待ちました。。。

こんなに長い間何かを待つなんて経験、なかなかないですよね。
昔東京湾の花火大会に行って昼から待ったことを思い出しましたよ〜(笑)

でも、シドニーの花火はやっぱりすごかった。

出展:Sydney.com

12時間待った結果見れたシドニーの花火は…、すごかった!!ミルソンズポイントに来てよかった!!!と思った瞬間でした。
あっちもこっちもそっちも、花火でいっぱいになり思わず興奮の涙が出ました(笑)叫びすぎて喉も痛くなりました(笑)

正直12時間待ちながら「うっわ〜待つのきっつ…あっつ…あと何時間だ…なっが…日本でこたつに入ってみかん食べながらガキ使と紅白を行ったり来たりしたいわ…」なんて思ってたんですが。

やっぱり待った甲斐がありました!!まさかあんなふうにハーバーブリッジから飛び出す花火を見れるなんて!しかも止まらないど迫力…まさに世界から沢山の人が集まる理由がわかります!!

私も一度やったからこそ思いますが、やっぱりはじめてのシドニーの年越しは間近で花火を見ることをおすすめします。

シドニーのハーバーブリッジの真下で味わう年越し花火は間違いなく一生の思い出になります。

私も、この2017年の経験は宝物です。みなさんもぜひミルソンズポイントで花火鑑賞を楽しんでくださいね!!

 

…私は今年は遠くからひっそりと見る予定です(笑)

ではまた!

Ayaka

23,666 views

2017年3月にバイロンベイへワーキングホリデーで来豪。ケアンズ近くのバナナの街でバナナファームを経験。現在はセカンドワーキングホリデーでシドニーに滞在中。...

プロフィール

関連記事一覧