◆ガレノス◆ 【アロマテラピー検定対策】1発合格した私の勉強ノート

スポンサーリンク



ガレノスは、古代においてヒポクラテスに次ぐ最も有名な医学者です。コールドクリームなどの考案者でもあるガレノス。一体どんな人物だったのでしょうか?

※アロマテラピー検定1級では必須暗記項目です!!

AEAJのアロマテラピー検定ではガレノスはとても重要な人物です。必ず暗記しておきましょう。

ガレノス=ガレノス製剤という2点だけは必ず頭に入れておきましょう。

◆ガレノス(129〜199年)

280px-galen_detail

出展: Wikipedia

ガレノス: Γαληνός, 129年頃 – 200年頃)は、ローマ帝国時代のギリシア医学者。臨床医としての経験と多くの解剖によって体系的な医学を確立し、古代における医学の集大成をなした。彼の学説はその後ルネサンスまでの1500年以上にわたり、ヨーロッパの医学およびイスラームの医学において支配的なものとなった[1]。なお、ラテン語ではクラウディウス・ガレヌス (Claudius Galenus) と呼ばれるが、「クラウディウス」に対応する名 (forename) はギリシャ語文献には見出されず、ルネサンス期以降の文献において見られるようになったものである。

出展: Wikipedia

ガレノスは古代においてヒポクラテスに次ぐ最も著名な医学者です。(129年頃 – 200年頃)古代ギリシアの医学者で彼の学説はその後1000年以上にわたり、ヨーロッパの医学において支配的なものとなりました。ガレノスは、ヒポクラテスを医学の神として高く評価し、ヒポクラテスの医学をはるばるルネサンスにまで伝え、哲学や文献学についても執筆し、同じく解剖学についても広く執筆しました。彼の全集は22巻にも及び、彼はその生涯のほとんどを通じて、執筆を行いました。

ヒポクラテスの医学を基礎として、自らの解剖学的知見と哲学的理論によって、体系的な学問としての医学を築きあげました。生理学、病理学において、輝かしい業績を残しています。

出展: アロマセラピーの資格所得

ガレノス製剤とは

ローマ時代の医学者ガレノスの名にちなんでつけられた生薬製剤の名称。ガレノスは薬の作用を,(1)薬の中に含まれる原質から出るもの,(2)火,水,空気,土の4元素の混合によって出るもの,(3)個々の薬の特殊性によるもの,の3種に分類して薬の配合理論をうち立てた。これにより多数の生薬を配合した複雑な処方を用いて治療にあたった。今日では粗製の生薬製剤一般にこの名称が用いられる。

出展: コトバンク

コールドクリームとは

コールドクリーム(cold cream)は、基礎化粧品の一種。

ミネラルオイル(鉱物油)、ワセリンパラフィン、マイクロスタリンワックス、オリーブ油ホホバ油といった油に、水、乳化剤、保湿剤、防腐剤、香料を加えて作るクリーム。油分の多いこってりとしたクリームをこう呼ぶ。 肌に付けると水分が蒸発し気化熱により冷たい(cold)感触があるので、この名がある。

クレンジング化粧落とし)、洗顔、マッサージ、肌の保護、ナイトクリーム、化粧下地など用途が広い。

コールドクリームのはじまり

古代ギリシア医学者、ガレノスがコールドクリームの製剤法の創始者である。彼が植物油などの油性成分とを混合し作った。

出展: Wikipedia

コールドクリームというと、現在ではお化粧を落とすときに使うものという印象がありますが、今から1800年ほど前、ガレノス(129~199年頃)という医学者は、ミツロウを乳化剤として、植物油と水を乳化させてクリームをつくったそうです。肌につけると、水分が蒸発し冷たく感じることからコールドクリームと呼ばれるようになり、これが現在使われているクリームの元祖だということなんです。

出展: アロマテラピーラフ

ヒポクラテス医学を基礎に学問としての医学を築き上げた

古代ローマにおいて、ヒポクラテスに次ぐ偉大なギリシャ人医学者が、ガレノスです。彼が産んだ「ガレノス製剤」の処方は、現在もなお受け継がれています。以後17世紀にいたるまで彼はヨーロッパで医学の権威として、アラビア医学にも影響を与えました。アロマテラピー検定ではガレノスの書物については暗記の必要が無いですが、ガレノス=「ガレノス製剤」という言葉は覚えておきたいです。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください